30代・中年男の備忘録

「ライフスタイル」をテーマに日々のちょっとした出来事を一生懸命考えていくブログ

万年筆を使ってみよう!の件

おはようございます!

毎日仕事!仕事!

みたいな日々で、普段朝型生活なんですがすっかりペースが乱れてしまいました。

 

ここまで荒れているのはやっぱり年末だから仕方ないか、と自分に言い訳をしておきます。

 

2015年も残りわずか。突っ走りますよ~!

 

さてさて、私がブログを始めるきっかけになった事柄というか動機というか。

 

その一つに日記を書いていた事が挙げられますが、日記を書く事それ自体はどういうやり方でもいいと思います。

 

ブログを活用するもよし、私みたいな長期型日記を活用するもよし、スマホのアプリ活用するもよし、手帳に書き込むのもありですね。

 

とはいえ私は性格もあってかどうせなら道具にこだわってみる事をおススメします。

 

使う手帳にこだわるのもいいでしょう。

私はペンにこだわってみました。

 

タイトルにあるような万年筆をおススメしてますが。万年筆はよいですよ。

 

私は2本の万年筆を愛用しています。

慣れるまでは手入れだったり書き心地だったり多少戸惑いはありましたが使い慣れるとこれが本当にいいです。

 

味がありますし、しかも使えば使う程味が出てきて自分の手にフィットしてきます。

 

万年筆の導入にあたってはとある大切なお店、店主とので出逢いがあったのがとても大きいです。

ちょうど2年くらい前から使いだしてますが本当に素敵な大切な出逢いでした。

その辺りはおいおい綴ります。

 

インクの色も選ぶと面白いです。

ビジネスシーンで使用するなら黒でしょうが、万年筆に関しては私はプライベートでしか今のところ使用していません。

 

メインの色はピンク色を使用しています。

乙女みたいでしょ(笑)

 

あとは万年筆ケースなんかもあり、これまた革素材なので使えば使う程味が出ます。

経年劣化、なんて言葉がありますが、なんでしょうね、経年進化、みたいな事があります。

それこそが革製品の魅力です。

 

道具にこだわるとこれが一つのモチベーションになります。

万円筆も安価な買い物ではないことが多いと思います。

 

私が購入し使用しているものも10,000円以上しましたし、革ケースも同額です。

(もう1本は父親が使っていないものを半ば強引にもらったんですけど)

 

価値観は色々なので、ペン、書くものにそんなにお金かけないよ、っていう意見も当然わかりますからあくまでおススメです。

 

なんでもそうだと思うんですけど、自分にとって少し手痛い出費にならないと自己投資にならない気がします。

 

こだわる=お金をかける、でも決してありませんよ?

 

バランスを考えながらこだわり、自己投資してみましょう。

 

万円筆、使ってみると必ず書く事の楽しみに出会えますよ!