30代・中年男の備忘録

「ライフスタイル」をテーマに日々のちょっとした出来事を一生懸命考えていくブログ

考えて考えて考え抜くべし!の件

おはようございます!

 

なんだか昨日は暖かかったですね。

暖かくなるとこの季節はくしゃみが増えるので何とも悩ましいですね。

 

すっごいどうでもいいですけど最近カップ麺の美味しさにびっくりしてます。

テレビドラマとかですすってるの見て美味しそうだな、とか思って最近はまってます。

 

その内メインブログでカップ麺もアップしよっかな。

 

と、そんなどうでもいい話は置いといて。

 

最近は仕事の悩みが尽きないですね~。

 

以前から言ってますが往々にして悩みのすべては人にあり、な訳で。

 

人間、年齢を重ねるとどうしても頑固になりますね。

程度の差はもちろんありますし、男女差、個人差もあります。

 

究極、年齢の問題でもなく、環境、生き方の問題なのかなあ。

物事の本質を突き詰める、というのはなかなか簡単なようで難しいです。

 

毎日20回腕立てをします!という目標を立てた人がいるとします。

Aさんは「毎日欠かさずやってます。アプリで記録を録ってますので見てください」

Bさんは「1日目はやりました。2日目は10回はやったんですが、子供の世話が~ゴニョゴニョ」

 

唐突に変な例えですが、仕事の上においてどちらが本質を把握して行動しているんでしょうか。

 

多くの人は「Aさんです」というはずです。

 

ですが実際にはBさんのような人が多いはずです。

結論、やってなくてもいいんですが、冷たい言い方ですが子供の世話がどうとかどうでもいいわけです。

「やったか?やっていないか?」

と聞いているだけです。

 

つまり本能的に「やっていない自分」を理解しているはずです。

だから「言い訳」が出てくるわけですね。

 

始末が悪い事に「子供」とか言われるとなかなか言いづらくもなりますよね。

 

まあこれは思い付きの例え話なんですが、要は日常こういう仕事をしていないか?ってことですね。

社歴が長かったり、役職、要職に就いているとそれだけで「仕事をしているふり」の大人がたくさんいます。

 

昨日まで考えることについての記事を書いていましたが、ここでも大切なのはやはり

「それでいいのか?」

という問いかけです。

 

考えて考えて考え抜きなさいよ、ってことですね。

 

子供のころはみんなこの考えることをもっとやっていたはずです、無意識に。

どうしたら自転車に乗れるかな、とか。

どうしたらこの式は解けるのかな、とか。

 

大人になればなるほど考えることから逃げがちなので、やっぱり考えることが大切なんですね、きっと。

 

とかなんとか思いながら今日も出勤ですね、頑張って参りましょう!